大阪でおすすめのマッチングアプリはこちら

彼女欲しすぎて死にそう!彼女が欲しい人はどうしたらいいか解説します

死ぬほど彼女が欲しい

死ぬほど彼女が欲しいって思ったことありませんか?

道行くカップルを見るたび、クリスマスみたいなイベントのたび、一生独身でいようぜ!って言ってたツレに彼女ができるたび、ホンマにホンマにホンマに。

僕も死ぬほど彼女が欲しいって思ってました。

偶然アプリでマッチングした彼女がデキちゃうまで、彼女いない歴=年齢だったので痛いほど悔しい気持ちはわかりますが、あなたに彼女ができなのには理由があります。

勝手にモテないって悲観しているか、相性の悪い出会い場で自信をなくしてるかのどちらかなので、今回は、相性のいい出会い場を見つけましょうという話。

相性のいい出会い場をひとつ確保すれば、相性の悪い出会い場でもダイタンにかつ豪快に行動できるようになるのでマジおすすめ。

目次

27歳まで女性と何を話していいのか分からず、彼女いない歴=年齢だった僕でも出会いまくった方法&マル秘テクニックなので参考にしてください。

死ぬほど彼女が欲しいって思ってる男は本当にモテない?

死ぬほど彼女が欲しいと思っている男は本当にモテないのか?

いやいやそんなことないです。

勝手にモテないと悲観しているだけ

彼女が欲しいのに、友人とか同僚に女性を紹介してほしいとか、出会い場に行くとか特に努力していない人は、出会いがないから勝手にモテないと悲観しているだけ

僕もこのパターンだったんですが、これマジでもったいないですよね!!

あなたもこんな経験ありませんか?

クラスのマドンナと付き合えるのは運動ができる奴や学級委員長だけ。美人と付き合えるのはイケメンや学年トップの優秀な奴だけ。

かわいい後輩と付き合えるのはトークが上手い男子だけ…エトセトラ。

ブサイクや影の薄い生徒はあくまで引き立て役。

学校という狭い空間で育ってきた非モテの僕たちは、知らず知らずのうちにモテないモテないと洗脳されてきたんですよね。

しかも、マスメディアもウソばっかり垂れながしているから、非モテはますますモテないと思い込んでしまうという悪循環。

でも悲観することないです!!

27歳まで彼女いない歴=年齢で非モテと思っていた僕でも、美人や年下のかわいい子と何度も付き合えましたから。

コンプレックスの塊の僕がいうんだから間違いないです。

相性の悪い出会い場で自信をなくしているだけ

あらゆる努力をしたけどモテない、もうどうしたらいいのか分からないという人は、相性の悪い出会い場で自信をなくしているだけというケースがほとんど。

ようは行き詰っているのです

僕もロクにトークできないのに婚活パーティーに通って、誰ともカップリングされず自信をなくしていたので、気持ちはめっちゃ分かります。

気付けばひとりポツン状態なんよね。

でも、自信をなくす必要ないです。

あなたと相性がいい出会い場を見つけさえすれば、女性と出会えるしバンバン彼女もできるので。

死ぬほど彼女が欲しい人向け!非モテでも彼女を作る方法

死ぬほど彼女が欲しい人向けに、非モテでも彼女を作りまくれる方法を紹介します。

女性が望んでいる魅力・役割を知る

相性のいい出会い場を語る前に、女性は男性をどんな役割で見ているのか知っておくと効果的です。

結論。

女性が果たしてほしいと思う魅力・役割をあなたが持っていれば、どこに行ってもモテます

女性が男性に求める役割
  • 外見・性的な役割…イケメンなどの外見
  • 結婚相手としての役割…ハイスペなどのステータス
  • パートナーとしての役割…やさしさ・価値観
  • 都合のいい相手…ホスト、キャバクラなどのお金での関係

イケメンなどの外見やハイスペなどステータスに関するものが、一般的に男の魅力として知られていますが、女性って男にはない第6感的な感覚がすぐれているのであなたの価値観や内面まで見てきます。

シックスセンス怖いですがチャンスです。

イケメンには敵いませんが、価値観を共有できたり、やさしさアピールできれば僕みたいなブサメンでも美人を落としまくったのが嘘ではないことが分かってもらえると思う。

相性のいい出会い場を見つける

イケメンじゃなくても女性を落せるって分かったところで、相性のいい出会い場について語ってみようかな。

僕がいうところの相性のいい出会い場とは、ストレスなく女性と接することができるだけでなく、あなたがもつ魅力を効率的に伝えられる場所という意味あい

マッチングアプリで例えると、「いいね!」でしかマッチングできないTinderはイケメン向けだけど、日記や掲示板機能があるマリッシュやシンシアリーユアーズ(旧ラブサーチ)は価値観の共有型またはやさしさアピール型向け。

日記(ブログ)機能は最強の出会いツールです。

要は、あなたが持つ魅力を効率的に伝えられる場で、何回か接触しているうちに、女性が求める役割を感じてもらえばOKですが、価値を感じてもらうのに時間が必要なのがデメリットなのです

だから、恋愛心理学でいうところの単純接触効果をするんですよ!!

単純接触効果:繰り返し接すると好意度や印象が高まるという効果。ザイアンスという学者が提唱したのでザイオンス効果とも呼ばれています。

死ぬほど彼女が欲しい男性におすすめな出会い場は?

死ぬほど彼女が欲しい男性におすすめの出会い場を紹介します。

恋愛ゲーム

女性と出会いたいけど、マッチングアプリは敷居が高いと感じている初心者は恋愛ゲームがおすすめです。

友活メインだから趣味や興味が合うと非モテでも出会えます。

恋愛ゲームはアバターを使うので顔出ししなくていいし、運命の人とマッチングしてゲームや会話を楽しんでいるうちに恋が芽生えちゃう。

僕もこの手のゲームアプリで知り合った女性達とオフ会・サシオフいっぱいしました。

サシオフ:1対1でオフ会すること

しっかり年齢認証されている恋愛ゲームを使おう!

マッチングアプリ

友活ではなく恋活から始めたいなら、マッチングアプリです。

Tinderみたいに「いいね!」でしかマッチングできないアプリはイケメンじゃないとシンドイけど、コミュニティーや掲示板・日記機能があるマッチングアプリは社会人サークル感覚で使えるのでマジおすすめ。

マッチングアプリは、写真詐欺が多いけど逆写真詐欺も多いのが魅力なんですよね。

非モテでもフィーリングが合うと、上白石萌歌ちゃん似の超かわいい人気会員と付き合えちゃう。マッチングアプリも趣味・興味つながりでOKです。

社会人サークル

文字だけで親密になっていくネットナンパが苦手という人もいるでしょうから、リアルで出会える社会人サークルも紹介しておきます。

社会人サークルは友活・恋活なんらかの目的で出会いを提供してくれる場ですが、結局どれを選ぶかがとても重要。

女性との出会いが目的なら男女が出会いを求めて集まる出会い系サークル一択です。

社会人同士が趣味やスポーツを通じて交流する趣味系サークルに入ってしまうと、親密な仲になるまで何年かかるか分からないのですから。

趣味も恋も両方叶えたいと思うからうまくいかないのよね

死ぬほど彼女が欲しいなら今すぐ行動しよう!!

ぐずぐずしてると青春は一瞬で終わってしまう…

理想の彼女と出会えない原因はあなた自身にあります。

いうなれば自ら女運を悪くしているのです。

恋愛弱者という立場で、イケメンと同じアプローチをしても素敵な女性と絶対に出会えません。

みんなイケメンが書いたモテ本を必死に読んで、ストナンに失敗して反省会を開いてと涙ぐましい努力をしてるんです。

ライバルが多い出会い場に行って自滅しているというね。

ですから、負け組にならないためにも視点やスタンスをズラすことがメチャメチャ重要。

じゃあどうするのかって?

ライバルが多い出会い場ではなく、共通の趣味や話題でじゅうぶんに仲良くなってから会えるコミュニティサイトやオンラインゲームを攻略すればいいだけの話です。

僕がおすすめする出会い場は、最初からサシオフできるので煩わしい人間関係もいっさいない。

何をやっても出会えないんじゃなく、自分自身のスタンスが悪かったと自覚できれば、必ず運命は切り開けます。

追伸、まだ恋活していないあなたへ。

恋活するなら今すぐ始めたほうがいいです。

正直な話、いつか映画みたいな出会いがあると思ってたら、あっという間に青春が終わってしまうし、年齢が上がれば上がるほど選択肢は減っていきます。

歳をとってめんどくさ…と腰が重くなってからでは遅いのです。

今日があなたにとって一番若い日だから、本気で恋してみたい、運命の人に出会いたいと思うなら今すぐアプリに登録してガンガンアプローチをかけるべき。

ぶっちゃけ出会いなんて運なんです。

調子に乗って友活・恋活・婚活あわせて100人以上と会ったけど、数をこなせば息がピッタリ合うパートナーが必ず見つかります。

アプリの登録なんて5分でできるんだから、まずは登録して何人かとマッチングしてみてください。たった5分行動するだけで、あなたの人生がバラ色に変わるのですから。

【関連記事】
梅田の出会い

この記事を書いた人

27歳まで彼女いない歴イコール年齢だった神戸の住民。

結婚相談所に登録するも毎回お断りで絶望。その後、偶然マッチングアプリを手に入れ攻略したことで人生初のモテ期を体験。

調子に乗って100人以上と会ったけど、最後は街コンで妻と出会いゴールインしました。

コンプレックスの塊だった僕が未だにネットでモテてまくっている理由や、街コン・婚活パーティーの情報を共有するよ。

目次