大阪でおすすめのマッチングアプリはこちら

マッチングアプリで遠距離恋愛した僕の体験談!会っていた頻度など

マッチングアプリで遠距離恋愛した私の体験談

マッチングアプリで遠距離恋愛する人がいるのか気になりませんか?

「とにかく大変そうだなぁ」「会いたい時に会えないのは辛いなぁ」「交通費がかかりそうやなぁ」私もマッチングアプリで出会った彼女と長距離恋愛するまで人ごとのように思ってました。

彼女いない歴=年齢で始めたアプリで、理想すぎる彼女とマッチングして遠距離恋愛。

ほんま映画みたいな話ですよ。

長期出張してた福岡でマッチングした女性と半年ほど付き合ったので、今でこそ遠距離恋愛の大変さが分かりますが、当時は大変かどうか考える暇もなく、ただひたすら彼女のことを愛そうと考えていました。

なんで自分のことを好きになってくれたのかさえ分からず交際を開始したんですから。

知り合いの出版社から小説を出してみないかというオファーをもらったので、マッチングアプリで出会った彼女と神戸←→福岡間で遠距離恋愛した私の体験談を紹介します。

目次

めちゃめちゃ苦労しましたが、楽しいこともいっぱいあったので、これから長距離恋愛しようと考えている人は参考にしてください。

ペアーズで上白石萌歌ちゃん似の彼女とマッチングした経緯

彼女いない歴=年齢の27歳で始めたペアーズで理想の人とマッチングしてしまう。

まさに、ビギナーズラックで起こした奇跡なんですが、その前に、私がマッチングアプリを使い始めた経緯を聞いてくださいな。

土地勘がない福岡でふてくされてた

彼女と偶然マッチングしてしまう前の私は、職場の不満がたまって爆発寸前なうえ、課金したのに誰ともマッチングできないという2重の地獄を味わってたんですよね。

企業の倉庫を委託されて管理するいわゆる委託倉庫会社の社員で、命令があれば身ひとつで名古屋や福岡に出張して新人を教育する日々を送っていた。

薄給なのに27歳にして中間管理職的な立場の私は、新しい倉庫に慣れたと思ったら次の倉庫へ出張する下からも上からも責められるめっちゃ不満がたまる職場で働いていました。

そんな私がペアーズを知ったのは、福岡の郊外にあるとある企業の倉庫に長期出張した時の話で、すさんだ心を癒してくれるかわいい彼女が欲しいと思って始めたのがキッカケ。

でも、誰ともマッチングすらできない。

こんな詐欺やん。

やめる宣言を非難してしまう私

どれだけいいね!しても誰ともマッチングできなかった私が、上白石萌歌ちゃん似の彼女とマッチングしてしまったのは、彼女のやめる宣言を非難したのが始まり。

一度でもマッチングアプリした人は見たことがあるやめる宣言は、退会しますと言って限定感を出すその場しのぎのアピール方法です。

やめると言えば誰でも簡単に限定感を出せるので、99%やめるつもりがなくても宣言する女性が多いのが特徴的

私はやめるやめる詐欺って呼んでます。

人気がない女性会員がやめる言うなら分かるんです。でも、超がつくほどの人気会員がやめるやめる詐欺を始めたもんだからイラついた。

どれだけ人気が欲しいねんってね。

で、メッセージ付きいいねを送って、上から目線で説教したわけ。

まぁ、普通はしませんよそんなこと。

あわせて読みたい
マッチングアプリでビギナーズラックはある?1か月で出会えた話 運があれば楽してマッチングアプリを攻略できると思いませんか? 「マッチングアプリなんて結局サクラばっかり」「誰ともマッチングできないなんて詐欺やん」私も初めて...

朝起きたらマッチングしてた

次の日に起きたら鬼のようにメッセージ通知が届いていたんですよね。

運営から警告のメッセージか何かと思って昼までスルーしてたら、

「なんで私を叱ってくれたんですか?」「やさしくされたことはあるけど叱ってくれる人は初めて」「会いたいです」というメッセージが永遠と続いていました。

通報&ブロック覚悟で怒りをぶちまけたメッセージが、彼女にとっては叱ってくれる存在になってたんです。

叱ってくれるオオハシさんのプロフ素敵ですって書いてあった。

何やってもダメだった私は壮大なドッキリを仕掛けられたような気がして、ホンマはぁ?って感じが数日続くのでした。

【マッチングアプリ】遠距離恋愛の本気度は?脈ありだった?

ひょんなことからマッチングした私たち。

女性とマッチングしてメッセージするのも初めてで、やることすべてが新鮮だったのを覚えています。

彼女の本気度はMAXで脈ありだった

一方的に惚れこんでいろいろ質問してくる彼女。

「なんでマッチングアプリ始めたと?」「オオハシさんはどんなタイプの子が好み?」「会うならどんな服着てていけばいいと?」初の福岡弁。

言葉だけでもかわいい。

私はというと、どうせやめる宣言にケチ付けた仕返しでからかってると決めつけてメッセージを開始。

どこでドッキリでしたという看板が出てくるのかビクビク怯える私。

一方で、上白石萌歌ちゃん似の彼女はモロ好みで、しかも、6歳も年下の子とマッチングできただけでもお兄さんうれしい花いちもんめって思ってたら、さっそくどこで会えるのってメッセージ。

お相手のプロフィール

ヒナさん

  • 住所:福岡県
  • 年齢:21歳
  • 職業:OL
  • 趣味:ダンス
  • 音楽:B’z
私のプロフィール
  • 住所:兵庫県神戸市
  • 年齢:27歳
  • 職業:会社員
  • 年収:270万円
  • 趣味:映画鑑賞・アウトドア
  • 音楽:B’z

なるほど、ここで現れないってパターンなのね。

「俺、来週、神戸本社に帰るんだよね」って牽制してみると、じゃぁ私が神戸に会いに行くねって話の流れになったんです。おいおいマジかよ。

(この時、本当に福岡の現場から神戸に帰還命令が出てました)

【マッチングアプリ】遠距離恋愛で初めて会ったのはどこ?

アプリでマッチングした彼女と初めて会ったのは福岡ではなく、やっぱり神戸だったんです。

マッチングした彼女と初めて会ったのは新神戸駅

どうせ現れないと決めつけてたので、私は神戸に帰ってきて今めっちゃ忙しいねんを連発。一方の彼女は、メッセージじゃなくて早く会いたいを連発。

傷づくのが嫌な私と早く会いたい彼女。

そのうち、根負けして「今は住む家ないけどいつでもええよ」って返したら、「じゃぁ今週末に泊まりに行くね」って返ってきた。

マジかよ。

当日、大阪行きの最終便で来るという彼女。

ドッキリもここまで手が込むとタチが悪いし、どうせ写真詐欺のブスが来るんだろってキョロキョロしながら待ってたら、本当に彼女来ました。

写真の数100倍かわいい彼女が。

その後は泊まるとこないのでホテルに行って初体験。スルことして、次の日は神戸観光してまたホテル行ってという妄想ジェットコースターみたいな日が始まっていくのでした。

マッチングアプリで遠距離恋愛した2人が会っていた頻度は?

神戸と福岡で遠距離恋愛した私たちは、神戸で会うようになっていました。

最初の1~2か月

最初の1~2か月は、一方的に好いてくれる彼女が1~2週間おきに神戸に来るという形。

さすがに毎週ではなかったけどなぁ。

新幹線の往復料金がバカにならないので少し頻度を減らさないか提案したんですが、回数券かったから全然へいきーってあっけらかんと言う彼女がまぶしかった。

仕事後に最終便でやって来て、月曜日の出社に間に合うように帰っていくルーティーンができあがってました。

3か月目以降

3か月たった頃、ようやく彼女の好きが本当だと実感しはじめる私。

さすがに来てもらうばかりじゃ申し訳ないから、福岡まで車や新幹線を使って通うようになりました。

若かったからできたんだよな。

金曜の夜に車を走らせて、月曜日の出社に間に合うように帰るルーティーンは彼女と同じでした。

遠距離恋愛が進展しない時は知恵袋を参考にしてみたけど

はじめての恋愛だったにしろ、彼女との関係が6か月続いたのはこれまた奇跡ですが、会えない時間の方が多いのでお互いストレスが溜っていたのは間違いありません。

知恵袋で答えを探しても見つからなかった

週末しか会えないので、Skypeで通話したり交換日記してみたり自分たちで工夫して心が離れないようにしてましたが、やっぱりマンネリというか倦怠期みたいな時期がありました

よく分からないけど辛いんです。

同じような体験談を知恵袋で探してみたり、ガルちゃんで質問してみたりもしたけど、答えらしきものはどこにも見つからないんですよね。

分からんことが増えて余計に辛いという。

だってさ、まったく同じ環境のカップルなってどこにもいないんですから。

遠距離恋愛で結婚するという選択肢はなかったの?

6か月長距離恋愛した彼女とは時間が経つにつれてすれ違うようになっていきます。

時間が経つにつれてすれ違いが多くなった

最終的に彼女と結婚したいという強い意思があり、私はもっと安定して給料が高い会社に転職したいと考えるようになっていきました。

そのころ仲良くしていた派遣会社さんから、紹介予定型派遣なら大手企業を紹介できると内々に話をもらっていたので、次の長期出張は仙台だよって上司に言われたタイミングで退職

だけど、それがアダとなったんですよね。

圧倒的に前の職場より給料と福利厚生が上がったものの、物流業界にいた経験を買われていきなりプロジェクトリーダーに抜擢されるというこれまたミラクルを経験。

彼女から「おめでとー」って祝ってくれたので、正社員になったタイミングで一緒に住もうって言うつもりでした。

でも、毎日研修で週末も福岡に遊びに行くどころではなくなった頃に彼女から別れを告げられました。

なんとなくは感じていたんですよね。

別れの予感を。

私は、はじめての恋が長距離恋愛だったのは無謀とは思っていないんです。だって飛び切りの幸せを過ごせたんですから。

【関連記事】
大阪のマッチングアプリおすすめ

この記事を書いた人

27歳まで彼女いない歴イコール年齢だった神戸の住民。

結婚相談所に登録するも毎回お断りで絶望。その後、偶然マッチングアプリを手に入れ攻略したことで人生初のモテ期を体験。

調子に乗って100人以上と会ったけど、最後は街コンで妻と出会いゴールインしました。

コンプレックスの塊だった僕が未だにネットでモテてまくっている理由や、街コン・婚活パーティーの情報を共有するよ。

目次